HOME > 調査工法

お問い合わせをお待ちしております
TEL. (0533)78-2351
営業時間 8:00 ~ 17:00

漏水調査工法

漏水調査の様子1 漏水調査の様子2 漏水調査の様子3

音聴探査

音聴棒または電子音聴棒を使い、蛇口や止水栓、給水管の露出部分など、地上に出ている管路のひとつひとつを音聴して、漏水の伝播音を聞き取ります。
音聴探査の様子

管路探査

管路探査の様子金属管探知機を使用します。
止水栓などから金属管に電気信号を送り、発生する電磁波を地上で確認します。工場など、埋設管が金属管の場合、管路の位置の特定に有利です。

相関式漏水探知機による位置特定

漏水箇所がある程度絞られた時に使用します。
漏水していると思われる管路の2点にセンサーを置き、漏水の摩擦音をキャッチします。摩擦音の音波が届く時間差を利用して、漏水箇所の距離を計算し、位置を特定します。管路の情報がないほど、精確な漏水位置が出ます。
センサー 漏水位置特定の様子


空気式による相関式漏水探知器(東三河では初!)

東三河初・空気式による相関式漏水探知器水より空気の方が音を伝播しやすいという性質を利用して、管路内に空気を入れ、漏水探査をする機械です。
管路の水を抜くため、使用に条件があります。


路面音聴

路面にセンサーを当てて、地中を通して伝わってくる漏水音を確認します。
路面音聴の様子


トレーサーガス漏水探査機(三河では初!)

スウェーデンで開発され、三河地方では弊社だけが持っている機材です。車の油漏れ、ガス漏れを探査する時にも使用されますが、弊社では、漏水調査のために使用しています。車や雑踏の音があり、音調調査が非常に難しい環境でも調査可能になりました。

【調査の仕方】
トレーサーガスという特殊なガスを管路に注入し、漏水箇所から漏れるガスが地上に出てくるのを探知器で測定して、漏水位置を特定します。
トレーサーガス漏水探知機 トレーサーガス漏水探知機の様子

所有機材一覧

1.相関式漏水探知器 LC-2500 フジテコム
2.相関式漏えい検出セット FLC-103 フジテコム
3.トレーサーガス漏水探査器 9012-XRS フジテコム
4.鉄管・ケーブル探知器 PL-1000 フジテコム
5.音聴棒 L1400 フジテコム
6.電子音聴器 FSB-8D フジテコム
7.電子音聴器 FSB-80 フジテコム
8.ノイズカット漏水探知器  DNR-18 フジテコム
9.金属探知器 F-90M フジテコム
10.管路撮影器  No6-9200Y アサダ
11.水圧ロガー DLS-H21 フジテコム
12.残留塩素計  KC-24P 東亜デイケイ
13.CO計 XP-333 コスモ電気
14.検査カメラ CA-300 RIDGID
15.鉄管・ケーブル探知器 SR-20 RIDGID
16.水素式漏水探索機 バリオテック460 フジテコム

漏水の修理も承っております

弊社の親会社である(株)ナガシマで工事を承っております。
是非一度お問い合わせ下さい。別途、見積もりをお出しします。

 ナガシマのホームページはこちら
豊川市・豊橋市・蒲郡市・新城市・西尾市・湖西市・刈谷市・安城市・岡崎市・田原市・幸田町
上下水道工事指定店
 ナガシマ ホームページへ

※上記以外の地域の方は、市指定の上下水道工事指定店にご相談ください。

お問い合わせはコチラへ!

icon TEL0533-78-2351 icon FAX0533-78-2552
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る